コンテンツ

2019.10.30

Oshoと瞑想  Osho time記事カラーパンクチャー

カラーパンクチャーの話題は、当時Oshoコミューン中で、噂になり、この全く新しいヒーリングをOshoをはじめ、コミューン全体が受け入れた。
既に大物セラピストは、個人セッション、とりわけトランスミッターリレーといったシリーズセッションを受けていた。

3日間のワークショップを開いたピーターマンデルの記事をOsho timesは、次のように伝えていた。

ここに一人の人物が壺一杯の金を抱えて立っている。
人物の名をピーター・マンデル、壺の中の金をカラーパンクチャーという。
Oshoコミューンの真っただ中で、其の金の塊をいっぱいに掴んで、辺り一面に撒きながら
新しい時代の到来を告げる。
まるで集中砲撃を喰らった時の震撼というべきか、マンデルは、たった3日間のワークショップで120人の参加者のハートをものの見事に射抜いてしまった。
遠い星からの訪問を受けたような、海底に没して忘れ去られたアトランティスか、レムリアの古代文明から最後の生存者が地上に姿を現したような衝撃というべきか…
これは誇張でも何でもない。今回のワークショップに参加した大半のヒーラーが受けた印象をそのまま表現したものだ。ヒーラーたちはまるで一種のデジャヴのように。内側から自然と湧いてくる認知と賛同を感じたのである。
ちょっと想像をしていただきたい。ただ単に光だけ。しかもレーザー光線のようなものではなくただの懐中電灯が発する光だけをベースにした治療法。
小さな懐中電灯で皮膚上に赤、青、黄色、緑、オレンジ、紫のいずれかの色の光線を照らすことのみによって肉体、マインド、魂に同時に情報を伝えるという治療法。
肉体という物質の階層から秘境的な光よりなる体の最も深遠な放射物までとらえた、先の彼方には?
大いなる勇気をもって魂の無限に続く階段を登り始めたマンデルとその眼前に現れた高次元の光の存在、光明を得た、神秘家であり、マスターであるOsho、この二人の眩いばかりのプーナにおける「真昼の決闘」、ならぬ「真昼の邂逅」はいま、幕を開けたばかりである。
このカラーパンクチャーは、まったく正しい。
色は身体に影響を与える。
それを明らかにしたのは偉大な功績だ。
ピーターマンデルは、本当に素晴らしい仕事をした。この仕事によって、あなた方は実存ではなくマインドを、感情を、そして身体を変えることができる。
この方法で、もし、人が浄化されれば、それは良いことだ。そうすれば、瞑想はとても容易になる。これらの問題が瞑想を妨げているからだ。          OSHO
私は個人セッションを受け、1週間のグループやシリーズセッションを受け、トランスミッターのトレーニングのグループに入ろうとしていた。