コンテンツ

2021.10.06

イベント

アトランティスの毎月恒例の瞑想会。
是非お越しください。


瞑想会のお知らせ

10月7日(木)は瞑想の日です。
免疫力を高めるにはクンダリーニを高めることです。
カタルシスを放出してエネルギーを高める瞑想
存分お楽しみください。
チャクラサウンド メディテーション
 

10月7日 木曜日 10時-12時
さんせいホール地下
国立市中1-15-2
国立駅南口徒歩4分
参加費3000円 茶菓子付き
ヨガマット又はバスタオルを持参ください。
 ファシリティーター  菅原 田 dinpal
 参加の方は、電話またはメールでお知らせください。
メールアドレス
 info@atlantis-tokyo.info
Tel 042-577-2248
2021.08.31

9月の瞑想会

瞑想会のお知らせ

夏休みも終わりやっと自由な時間が取れますよね。
思い切った瞑想法をためしてみましょう

9/9(木曜)10:00~12:00です。
場所は、さんせいホール地下

ダイナミックにカタルシスを放出する瞑想
完全防音地下スタジオで思う存分お楽しみください。

ヴィパサナ瞑想 足すものも引くものもない。シンプル
で完全無欠な瞑想法。

ホワイトローブ瞑想 瞑想が直に触れられる程近くなる


詳細
9/9(木)10;00~12;00

住所 国立市中1-15-2 さんせいホール地下
国立駅南口から冨士見通り徒歩4分

参加費3000円(お菓子、お茶付き)

できれば、ヨガマットまたは、バスタオル持参

ファシリテーター 菅原 田 dinpal

参加の方は、事前にメール、または、お電話でお知らせください。

メール
info@atlantis-tokyo.info
042-577-2248
2021.08.21

青少年にメドベッドは必要か

青少年の方にはメドベットは必要ありません。若いので若さと健康を取り戻す必要ないからです。
メドベットとは、若さと健康を取り戻す健康器具で、80歳の老人でもメッドベットに30分横にになれば30歳ぐらいに若返るというものです。
弊社でとり 扱っているブループリントはメドベットと同じ原理で波動粒子を使って感情を浄化するものです。1時間横たわっているセッションを4回受けると過去の社会や両親などからの条件付けを解除できるというものです。
過去生から胎内期、幼児期、青年期、壮年期、老年期の、過去から未来まで書き換えられるのです.

体験した方は感激して是非ともじぶんの家族にも受けさせたいと強く要請されます.
心身の健康を取り戻すメドベットであるといわれているブループリントは子どもには必要ないですと一応はお断りしております。

しかし最近鋭い御意見を頂戴しています。ブループリントは体や心だけではなく精神的霊的な変容成長を伴う。それは本人はわからなくても、はたから見れば一目瞭然だと話題になったのです。子どもであろうと過去生では長い経験をしているかもしれないじゃあないか、未来のためにも早くブループリントを受けさせてあげることが重要ではないかという方がふえました。

全くその通りですが少し問題があります。ここで出てくるのはリアクションということです。
身体的には好転反応とも言いますが、ブループリントはセラピーなのです。
セラピーでは自分のことを取り扱う場合は全て自分で感情を体験 しなければいけません。
言うなれば人に指摘されるだけでは何も変われなく過去のトラウマに向き合い涙と汗を流す骨の折れる作業を経て、初めて浄化というものが達成されるのです。

ですから当然いくら汗を流しても涙は流れなく深い処の感情は一生セラピーしてもなかなか難しいのです。

ブループリントは汗をながすのではなくメドベットと同じように光を使って感情を浄化するので一瞬でオーラレベルから生まれ変わるのです。あまりにも早いので感情を感じることができ無くて、中には鈍感な人は、私には悲しみも怒りも最初から無かったんだね、などと仰る人もいるんです。

青少年の話に戻すと、彼は敏感な感性を持っているかもしれません。そうすると本来自分で感じるべき過去から未来のトラウマを味わうかもしれません。問題は彼はまだ社会にでたことがなく心がまだ弱いかもしれないということです。一人で苦しむ事になりましたら何か手助けが必要とかんがえます。

私の結論はこうです。16歳から20歳までの青少年の場合は親御さんの愛情が必要です。
いつもコミュニケーションをとり小さな悩み事にも耳を傾けていただければ後はアフターケアーはお受けいたします。16歳ぐらいから始められます。それ以前の子供は0歳からプリネータルセラピーで対応しています。

老年の方の寿命延長について、ついでにおはなしします。
予め寿命が近いと思われる場合は寿命道理となります。健康そうに見えても未来はわからないのですが、通常過去のトラウマにを解消して同時に未来のトラウマを解消していきます。
その際過去のトラウマが解消されていなくて未来が変わていない世界と、もうひとつは
過去のトラウマが変わってオーラレベルの変化が肉体におりてきて未来が変わって、寿命も延びる世界を同時に 経験することになます。

この二つが後者に結実するのに2年ぐらいかかります。
オーラレベルという命令形が肉体という現実に定着するのに2年ぐらいかかります。

しかしながら残りの人生を信じられないぐらい幸福な時を過ごすでしょう.
そして忘れていけないのは,この効果は今世だけでなく、その後の未来の方向も良い処に
変わっているのです。なんと死後の行き所まで左右してしまうということです。
これほどの幸運は考えられるでしょうか.
2021.07.04

精神のメッドベッドはブループリント1

今日は珍しく商品説明会ですね。
昔からいろんな人がカバンから何やら次々と取り出して
これはどうですかなんて言われています。
いいねとか、エネルギーの質が偏っているとかコメントしていた
商品開発に生かされていたりして
良いものを身近においている身となっていますが、

究極的なものといっても人それぞれの価値観が違うので
其々私の場合は独断ですかこれを紹介します。
結論から申し上げますとNMNですよね。

知っている人も多いと思いますが
NMN ニコチンアミドモノヌクレオチドは
細胞のサーチュイン遺伝子全て活性化するサプリ。
ネズミの実験で、細胞が20~30歳程度若返るデータが出ています。

私は使って見て非常にショックを受けるぐらい感心しました。
あのメッドベットの半分ぐらいの効果があるのかもしれない
と思ったのです。

メッドベットとはもうすぐ解禁されると噂している波動機械で
30分横たわっているだけで、
80歳の人が30歳ぐらいまで若返るという次世代医療機。

NMNは若返り効果が凄いということで
ハリウットなど一部の人たちに愛用されているが
液体1本30万円ぐらいと高値であるのが難点。
ところが最近安値で錠剤が出回っていますね。
私の持っているNMNはジェル状液体で
皮膚に塗る新しいタイプのものです。

簡単に言うと皮膚浸透技術がすぐれていて
錠剤や液体を飲んでも消化されて血液へ回らないのが問題なのですが
これは皮膚から血管に素早く浸透するのです。
顔に塗ってみたらすごい変化が起きました。

気になる値段ですが2万円台と高値ですが
そのぐらいの価値はあるかもしれません。

アマゾンで手軽に買えるようなものではなく
入手困難なのも残念ですが、
アトランティスの片隅に見つかるはずです。
 

いつも美容を超えたセッションをしています。
どうういうことかといいますと、
お顔がきれいになって若返るなんてものじゃないんです。

昔からやっているブループリントというセッションは
たった4回受けるだけで
昔からある心の中のストレス、トラウマなど
すべて無くなり未来が変わる、
オーラが綺麗になり老けなくなる精神のメッドベットが
もう開発されているんです。
アトランティスで受けられます。
2021.06.15

6月の瞑想会

緊急事態宣言ももうすぐ開けそうですね。

6月の瞑想会は
6/22(火曜)10:00~12:00です。
場所は、国立駅徒歩4分、さんせいホール6階です。

今回は、Heart chakra Meditation
ハートに働きかける瞑想をします。

そのほか、簡単なヒーリング、
スピリチュアルに関する
お話もあります。

瞑想後はお菓子とお茶でくつろぎましょう。
できれば、ヨガマット持参してください。

参加費¥3000(当日現金払い)

参加の方は、事前にメール、または、お電話でお知らせください。

メール
info@atlantis-tokyo.info
042-577-2248
2021.04.28

今回は心霊関係の本の紹介です。

最近知り合ったとあるサイキックボヂィーワーカーの施術を受け、
その後勧められたのが、アラン・カーデックの書いた、「霊の書」でした。

人間が生きる間に霊や神、魂とどうかかわるか、
死の恐怖についてなどが実に分かりやすく書かれています。
内容は、シルバー・バーチ、ホワイトイーグルなどといった有名な著者に共通している部分も多々あり、
知っている内容ではあるものの、真に迫るものがありました。


人間の魂と肉体の結びつきは、受胎の時から始まり、胎内期を経て、誕生に至るまで安定しない。
そして誕生の瞬間が、魂が最も勇気を出さなければならないときであると、著者は言います。
誕生の瞬間は死の恐怖と同じく大きな試練なのです。
誕生や死の恐怖は、魂の行いによって人それぞれであるとはいえ、やはり大きな試練です。

それは、霊界から肉体に結びつくための危険な航海のようなものである、と著者は述べています。
魂は、自らの意思で肉体を選び、その誕生は、越えなければならない最初の試練なのです。

その試練は死の恐怖にも同等であるといっています。死に際に感じる恐怖、生きている時の行為如何により
肉体を離れても長く彷徨う魂の存在、様々な現世への未練、いわゆる成仏できない仏など実に様々な
問題が起こるのが死に際なのであります。

死に関するテーマのセラピー技術も存在しますが、、私はそれと同程度の重要性のある胎内期ー魂が肉体に入って来る前の嵐の海に乗り出す小船のような切迫した恐怖、肉体と魂が離れ離れになる危険のある不安定な状態であるー受胎期のトラウマを治療するプリネータルは、30年ほどやっています。

この本を読んで、プリネータルを終えた子供たちがどうしてあんなにも立派で素直に育つのかがわかったような気がしました。
プリネータルによって、母親の胎内にいた時のトラウマだけではなく、魂の航海の記憶、
誕生にあたって直面しなければならない魂の原初の恐怖というトラウマとも向き合っていたのですね。
生まれてきた子供は一生原初の恐怖の影響をうけます。それが解消された姿があの晴れ晴れした顔なのですね。

アラン・カーデック
フランスの科学者。「霊の書」は、友人の娘を霊媒として書かれた本で、1856年出版以来多くの人に読まれてきた三部作。
2021.03.17

瞑想会のお知らせ

桜の花の咲く頃、春からの活動に向けて動き出す時には
瞑想か何かをしなければ
、、、、
春風が吹くころ人の心は不安定になり、そのすきに疫神が
病を起こすと古くから考えられていました。
第十代崇神天皇の御代に疫病がはやり、大物主神を祀り
鎮花祭 はなしずめのまつり をしたそうです。
何年か前、三月に桜の花びらが青空の中雪吹雪に舞う景色を、
茶室での瞑想会、の後見て、ゲストの外国人が感動していました。

桜の花が散るときの独特の日本人の感情の昂り,
散り乱れる花と共に搔き立てられる心の乱れ。
心の傷が吹雪にさらされ社会にエネルギー的影響を与えるとかんがえれば、
心を穏やかに 鎮花祭をするべしと考えます。

瞑想会のお知らせ

場所 さんせいホール(JR国立駅から徒歩4分)
東京都国立市中1-15-2向陽ビルB1
参加費 3000円
会場にてお支払いください

1、ハミング瞑想
2、ビギャン・バイラブ・タントラ
クリシュナムルティの教え
支えなく、永遠に、静かな空間

お菓子とお茶付き3月19日(金)10時から、国立で、
行います。


静かな空間の中で瞑想し、中空の竹になりましょう。
2021.02.28

ブループリント ブログ

人の一生は目に見えないものに左右され、
死とともに魂は天に帰りますが、また、地上に残していくものもあります。
この不可思議なものは、古来から魄(はく)と呼ばれ、
あわせて、魂魄(こんぱく)と呼ばれます。
しばらく前に「私の墓の前で泣かないでください。そこには、私はいません。」
という歌がはやりましたが、正確に言うと、魄(はく)のほうは、
そこに痕跡を残し、子孫に影響を与え続けていきます。
そして、次の生にも影響を与えるのです。
人の死を見るとき、魂の去った肉体にこの魄気(はくき)を感じることになります。
魄気には、この人の人生を通しての思いや感情が凝縮することになります。
魄気が浄化された人は、天国に行く人、エンライトメントした人と呼ばれています。
ブループリントのシリーズセッションでは、今世の魂のプログラムだけでなく、
この魄気の部分を浄化します。
これに気が付いたのは、このシリーズを受けられた方のお葬式に何度か立ち会ったからです。
ほかの方の死と明らかに違い、悲しみはなく、今まで見たことのない美しさがありました。
かなり修業を積まれたお坊さんでも、このようなことは稀です。
生も死後までも存在を浄化する、ブループリントは一期一会。


セッションはいつまでも受けるわけではないから一期一会。
助産師のお客様であと5年したら子供も大きくなるからプリネータルをうけたいというひともおおくいる。
先のことはわからないものだが私の場合5年後はここにいないかもしれない。
この世にいるかどうかもわからない
個人も社会もよくなるセッションなので多くの人に受けてもらいたいのだが、
受けたいけど忙しくて後回しにされている方もいるなか、
私と出会ってセッションを受けるのも一期一会。
貴方にとっては何生に一度かもしれない機会。
私にとってはひょっとしたら砂漠の中からダイヤモンドを拾うくら
い貴重な出会いのように感慨深いものである。
                           dinpal
2021.01.05

新年あけましておめでとうございます。

すべては最高な一期一会となっていくことに感謝します
社会がロックダウンになっても
瞑想会はリラックスした空間で深い瞑想空間の場となっています。

瞑想会のお知らせ
1月22日10;00-12;00
場所 さんせいホール(国立駅から徒歩4分)
料金3000円
第一部
ダンスメディテーション
第二部
ヒプノ(催眠)セラピー
ヒーリングジャーニー(癒しの旅)で
自分と出会う

オプションで、サイキックリーディングも
あります

2月からの予定
ヒーリングジャーニー(癒しの旅)
Part1 ハイヤーセルフに会う
Part2 過去生を観る
Part3 7つのエネルギーボディーに会う

など、順次進めていきたいと考えております
皆様是非ご参加ください。

本年もよろしくお願いいたします。
2020.12.06

ダンスメディテーションを受けて

ディンパル先生とシャンティ先生お二人に お久し振りでお合い出来て嬉しかったです

今日は盛り沢山の内容で、パワフルな瞑想会を有り難うございました。

ダンス、心地よかったです
身体からエネルギーが沸きだしました
ストップの後、
身体はとまりましたが
エネルギー体だけ活発に動いてジンジン感じて
身体、骨だけ浮き彫りになって感じられ 不思議な体験です

横になって集中していると
中世の教会のような光の神殿が見えて、光のなかに誘われました

さらに集中していると
クラニオのリズム(1 2 3 4 5 6
開いて閉じてのリズム)
を感じていました

クラニオの時
背骨が何回かポキッと音を立てて、楽になる感覚があり調整されました

最近 時間の流れが速いのを痛感していたところでしたので、
宇宙のリズムを入れて頂き
ゆったり 楽チンリズムになりそうです。 感謝✨感謝✨

ディパル先生 シャンティ先生
クラニオセラピストの真野先生
ご一緒した皆様有り難うございました。。