光と色のヒーリングについて

アトランティスのセッションの元となっているのは、「カラーパンクチャー」セラピーの創始者、ドイツの療法医のピーター・マンデルです。

彼は、光はエネルギーであり、色は情報であるといいます

1920年代にロシアの物理学者たちによって、「バイオフォトン(生体光子)が発見され、細胞が光を発していることが、発見され、その後もいろいろな研究が進みました。

ドイツの医学者、クリンクハルト博士(Dr. Dietrich Klinghardt)による研究では、
バイオフォトンは、重要な生体情報を保持し、生命維持に必要な複雑なプロセスを制御する。バイオフォトンには、生体(身体の組織)に命令・調整する力があり、そうすることによって生体をより高い振動・状態へと向上させることができる。」

ピーターマンデルは「細胞はお互いにしゃべる。細胞の言語は光と色である」といいます。そして、この情報を与えることにより、体における間違った情報が明るみに出て、オーラが修正されるという理論から、体の調整の分野から心の分野へも実践的セラピーを生み出しました。

彼は、人間のエネルギーにはBody-Soul-Spiritの大きく分けると3つの分野が存在するとし、同じ種類の病気でも人によって、原因が違うことを突き止めました。

また、かれの意識の進化に関するセラピーは、彼がある時期インドのOshoコミューンで講義する中で進化していきました。瞑想者たちがいかに意識が進化できるかという問いにたいして、いろいろな実験を繰り返していきました。

ここでの意識の進化のために開発されたセラピーは、トランスミッター・リレーと呼ばれ、様々なセラピーとともに技法が進化していきました。この絶え間ない実験を繰り返していた時期に、インドのOshoコミューンでセラピストとして参加し、様々な経験を積みました。

 

ドイツでは、ピーターマンデルが色によってエネルギー体を癒すことによって、肉体も癒されるとして、1975年ブリュッセルにカラーパンクチャー研究所を設立。以来、病院の医療者チームと組んで、成功した100症例をもってトリートメントを発表するという方法で全世界にその技法を発信してきました。後にこれを精神的セラピーに応用するにあたり主に精神性向上にかかわる分野をライトパンクチャーと呼びました。

peter mandel work shop2

ピーター・マンデル(プーナOshoコミューンにて)